村上春樹さん今回も残念でした。
特に「ハルキスト」でもないのですが、愛読者の一人です。

この本の題名はデユーク・エリントンの名曲
「スイングしなけりゃ意味がない」をもじったもの。
彼の著書の題はキャチーでコピーライターしても成功したでしょうね。

クラシック、ジャズ、ロック、日本のシンガーソングライターの音楽家
について書いたエッセー集で、彼一流のマニアックなものです。

ジャズでは「ウィントン・マルサリスの音楽はなぜ(どのように)退屈なのか?」
という題で書かれていて、腑に落ちました。
日本のシンガーソングライターはスガシカオについて。

マエストロ小澤征爾さんとの対談集も興味深いです。

彼は今のマラソンブームよりずっと以前からのランナーで
2007年に刊行された走ることについて語るときに僕の語ること』は
マラソンランナーの必読書です。
久しぶりに読もうと本棚を探してもありません。
そういえば人に貸してまだ返してもらってないな。

人に本やCDを貸すと返ってこないことがままある。
残念。
かく言う私も高校時代借りた北杜夫の「楡家の人々」をまだ返していない。
H君 ごめんね。
f0135575_10292545.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2014-10-17 10:33 | マラソン | Comments(0)

この日は花冷えを通り越して真冬に逆戻り。
JR丹波口に8:40着
今回はマラソン友達で同業者の、砂川先生と才野木先生とご一緒。
まず第一声は「冷えまんな〜」

西京極競技場からはほぼ京都マラソンと同じコース。
仁和寺を過ぎてお昼エイドでは野宿しそうになりましてん(笑)
西国88カ所を一時間で回れるお山も登って
無事のゴールの壬生のスーパー銭湯へ。

祝杯を上げてお疲れ様でした。
マラニックにハマってまっす。
f0135575_03303994.jpg
f0135575_03324498.jpg
f0135575_03310388.jpg
f0135575_03331949.jpg
f0135575_03333322.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2014-04-15 03:34 | マラソン | Comments(0)

フルマラソンを2時間台で走るのはエリートランナーで全体の5%もいないでしょう。
3時間台でも市民ランナーとしては立派なものです。

私は昨年3/10の京都マラソン誕生日ランでようやく5時間を切ることができた鈍足カメさんです。
この前の加古川フルでは調子が悪く5時間5分。

しかし速いランナーでは味わえない感動がありました。

地元の中学生が最後の1kmを伴走してくれたのです。

歌の伴奏はするけれど、伴走してもらうのは初めての経験です。
ゴールして目頭が熱くなりました。

彼女は中1です。
名前を聞きそびれたし、今年も年末に加古川フルを走りにいきましょう。

f0135575_15504192.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2014-01-09 15:51 | マラソン | Comments(0)

マラニックとはマラソンとピクニックが合体したようなものらしい

スタートは南禅寺でゴールは醍醐寺
両方共ひと人ヒトでごったがえしてましたが

スタート地点で配られたのはゼッケンと熊よけの鈴
オイオイ どこに行くねん

確かにマラソンとは違い、はっきり行ってピクニックよりは登山ですわ
それも道無き道を 熊に遭遇しなくて良かった

逢阪山の老舗の鰻屋さんは匂いだけ味わって
腹すいたわ

音羽山 山頂でラン友とパチリ
彼女引っぱりがなければ迷子になって今頃は遭難してたかも
感謝します!

そしてなんとか5時間半でゴール

いつものマラソンとは違う体験ができました
またマラニック行きまっしょ〜
f0135575_15052220.jpg
f0135575_15054548.jpg
f0135575_15061287.jpg
f0135575_15063546.jpg
f0135575_15065240.jpg


[PR]
by jjunsuke | 2013-11-25 15:07 | マラソン | Comments(0)

舞洲スポーツアイランドで開かれた「24時間マラソン」に参加

土曜日の正午から日曜の正午までの24時間タスキをつなぐリレーマラソンです。
昨年はほぼ24時間いて、BBQも楽しみ、早朝ランもしましたが
今回は土曜の13:00から炎天下の下1.5kmのコースを3周だけラン。

気持ち良く汗をかいた後のパシャは
恒例により男子は割愛させていただきました。

f0135575_882581.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2013-07-14 08:11 | マラソン | Comments(0)

第一回寝屋川ハーフマラソン、走ってきました。
JR東寝屋川駅から会場まで、寒い中ボランティアのスタッフの皆さんが「おはようござす」と笑顔で迎えてくれます。
これだけで十分いい気分。
第一回ということで受付や荷物預かりの分かりにくさもありましたが、大きな大会にはない
暖かいおもてなしの気持ちが伝わってきます。

「あなたはこの坂に耐えられるか」のキャッチコピー通り、成田山の参道や高速道路の測道の坂はかなりのもので、タフなコースでしたが、2:06:44でなんとか完走。
2/17に河内長野ハーフであの過酷な坂道を走っているので、メンタル的には辛くなかったです。

ラスト3kmでの寝屋川市立第七中学ブラスバンドの応援はすごく元気をもらいました。
私、中学時代は吹奏楽部の部長でトランペットを吹いていましたしね〜

そして恒例の一人打ち上げ
このために走ってまんねん。
f0135575_1750760.jpg

f0135575_17504970.jpg

f0135575_17515024.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2013-03-03 17:52 | マラソン | Comments(0)

●赤い靴●

本格的にランニングを始めて5年目
10足目のシューズは赤です。

還暦を迎えた今年
11月25日 「大阪フルマラソン」
これを履いて、赤いキャップを冠って走ります。

f0135575_9143726.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2012-09-08 09:14 | マラソン | Comments(0)

私が所属するTA0東洋医学研究会が主催する
福岡大学スポーツ科学部教授、田中宏暁先生による
「スロージョギング入門」セミナーが開かれました。
マラソンは「歯を食いしばって、息を切らしながら行う」イメージがありますが
「しゃべりながらニコニコペースのスロージョギング」が様々な効果があることを
わかりやすく丁寧に講義していただきました。

この後大阪城公園で実技指導を受け、気持ち良く一汗をかいて
お風呂でさっぱり、そして懇親会はビールで乾杯です。

このセミナーはまた開かれます。
興味のある方はお問い合わせ下さい。

f0135575_11332762.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2012-06-11 11:34 | マラソン | Comments(0)

赤い靴

ランニング仲間にいただいたこの5本指のシューズを履いて軽くジョグ。
かかと着地はできず、自然に今トレンドのフォアフット着地になります。
5本指で地面をグリップして大地を踏みしめて走ってる事を実感します。
これでしばらく練習してみましょう。
赤いランパンはもう少し暖かくなってから履こうかな。
f0135575_15123131.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2012-03-26 15:15 | マラソン | Comments(0)

還暦ラン

TAO東洋医学研究会のランニング仲間から還暦のプレゼントをいただきました。
ということで赤ずくめで走りました。

始めはちょっと恥ずかしかったけど
いい気分で走れました。

癖になりそう〜
f0135575_11175463.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2012-03-22 11:18 | マラソン | Comments(0)

歯医者とジャズピアニストの雑感
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30