NY在住で活躍中のベーシスト北川潔が来日中です。

東京での公演を終えて、昨夜は京都、今夜は大阪のミスターケリーズで
ライブが行われ、私も聴きに参ります。

来日の度にほづみ歯科医院へ歯の健診とメインテナンスに来ます。
日常の手入れも良く、非常に優良な患者さんで、衛生士さんに花丸をもらっています。

10年程前、親知らずを抜いて翌日NYに帰らなくてはならなくて
翌日からの消毒に来れないので
デジカメで口の中を自分撮りして、毎日メールで送ってきていました。
几帳面な性格ですな。
その傷口は当然完治しています。

今朝の待合室でツーショットと以前来日時、私のライブにsit inしてくれた写真です。
ちなみに新婚ホヤホヤさんです。
f0135575_10222837.jpg
f0135575_10230712.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2014-06-05 10:24 | コンサート | Comments(0)

クラシック音楽強化月間、第三弾はこれ。
ロシア、ウイーンときて今回はロシア。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番は先日のフィギュアスケートで
浅田真央ちゃんがフリー演技で使ったもの。
ピアニスト=ドミトリー・メイボローダーは1993年モスクワ生まれの弱冠20才。
まさに天才ですね。
これからどう進化していくのでしょうか。

チャイコフスキーの交響曲第六番「悲愴」
1893年 サンペトロブルグ、チャイコフスキー自らの指揮で初演され、その9日後に天に召されたのです。
あのえも言われぬ美しく、切ないメロディーは琴線に触れます。
佐渡裕の指揮でのオーケストラを聴くのはこれで5度目、日本人指揮者にしては長身で、そのダイナミックさはますます本領発揮していました。
アンコールはヘヴィーなメインデッシュの後のデザートに相応しく
シュトラウスの軽快なポルカを二曲。
粋な選曲です。

彼の著書「僕はいかにして指揮者になったか」は興味深い本でした。
そういえば先日の宝塚歌劇団100周年記念式典で指揮をしていましたね。

大阪のオッちゃんはロシアの音楽の前のランチもこれ
「ぼてじゅう」のモダン焼き
f0135575_04030386.jpg
f0135575_04032897.jpg
f0135575_04040217.jpg
f0135575_04032897.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2014-04-21 04:05 | コンサート | Comments(1)

子犬のワルツとランチ

コンサートや映画はほとんど一人で行きます。
このコンサートのチケットは2枚入手したので、例の「子犬のワルツ」の娘と行きました。

一人の時の昼ご飯は王将やすき家、回転寿司、インデアンのカレー等で済ませますが、
シンフォニーホールでのコンサート前のランチwith「子犬のワルツ」というパターンですし、
小洒落たレストランでいただきました。

フランス音楽の前にイタリアン011.gif
f0135575_639379.jpg
f0135575_6393812.jpg
f0135575_6394014.jpg
f0135575_6394166.jpg
f0135575_6394433.jpg
f0135575_6394574.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2014-03-11 07:06 | コンサート | Comments(0)

2/10 NYFと小曽根真

●非常に楽しみにしていたコンサート

指揮]アラン・ギルバート
[ピアノ]小曽根真
[管弦楽]ニューヨーク・フィルハーモニック


マーラー、トスカニーニ、ワルター、そして、バーンスタイン、後の世に名を遺す偉大な音楽家たちが率いた歴史的名門。アメリカビッグ5(ニューヨーク・フィル、ボストン響、シカゴ響、フィラデルフィア管、クリーブランド管)の中でも、最古の歴史と伝統を誇るニューヨーク・フィルハーモニック。

・ブリテン:青少年のための管弦楽入門
・ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

・チャイコフスキー:交響曲 第5番


1/11に松永貴志によるラプソディ・イン・ブルーを聴いたばかり

今回の小曽根真も圧巻でした。
アンコールはセロニアス.モンクの「ブルーモンク」
ピアノがワンコーラス弾くと、コントラバスの一人がピアノの傍に、
がアルコじゃなく4ビートを刻む。
そこにトロンボーンとテナーサックスも加わり、ジャムセッションそのもの。
ジャズの言語をちゃんと理解している話せる演奏者達。
ラプソディインブルーのアンコールはこれしかない。
小曽根さんの父上をお見かけしました。
さぞお喜びだったでしょう。

小沢征爾指揮, マーカスロバーツpianoのラプソディ・イン・ブルーも素晴らしいです。
YouTubeで観れますよ。

そして後半はチャイコフスキー:交響曲 第5番
超一流オーケストラの醍醐味を十分に味わいました。

アンコールの曲は存じませんが、スピード感一杯。
本物の中の本物は違いますな〜
f0135575_05283590.jpg
f0135575_05325672.jpg



例のゴースト騒動に対する報道やネット上の意見は溢れているけど
いかにも芸術家みたいな風貌は、初めからなんか違和感があったし、胡散臭かったな。
また機会があれば私見を述べさせていただきます。


[PR]
by jjunsuke | 2014-02-13 05:35 | コンサート | Comments(0)

2014 最初のコンサートはこれ 
「ウイーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団」 

 新春にふさわしく華やかにウインナソーセージ 
いやワルツやポルカの名曲をたっぷっりと賞味して

 アンコールでは観客も一緒に歌う「年〜し〜のは〜じめ」や 
お約束の手拍子する「ラデッキー行進曲」でお目出度い 

 今年はクラシックのコンサートをたくさん聴いて 耳の肥やしにしましょう〜
f0135575_17113857.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2014-01-04 17:12 | コンサート | Comments(0)

毎年恒例の第九

大編成の圧倒的なサウンドで力強く、美しく、誇り高く、躍動する、
未来への希望を込めた“歓喜の歌”をマエストロが鮮やかに描き出します。
あなたは何を思い、何を願い、今年の「第九」を味わいますか!?
(パンフレットより引用)

聴きながら今年一年の出来事が頭を去来

そして終って何食べよ〜
考えてました
f0135575_19523947.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2013-12-22 19:56 | コンサート | Comments(0)


生ポールはこれが最後でしょう。

1966年にビートルズで来日した時は14才、テレビにかじりついていました。
その時に前座を務めていたのが「ドリフターズ」や「ブルーコメッツ」
加藤茶がドラムを叩き、今はNHK紅白歌合戦で指揮をしている三原綱木がギターを弾いていました。

一学年上の女子に「穂積くん、ポールにちょっと似てるから映画HELP見にいかへん?」
と誘われて二人で行きました。
帰りにぜんざい食べました。
甘いデートやったな。

特にビートルズの熱狂的なファンでもなかったけれど、一時代を築いた生ポールは
拝んでおいても罰は当たらんでしょう。

ラスト3曲はLet It Be   Live And DieそしてHey Judeの大合唱で超盛り上がり、なんか目頭が熱くなりました。
ジャズを聴いて最近そんなことはなかったし、青春時代の思い出ですかね。
f0135575_11145026.jpg


[PR]
by jjunsuke | 2013-11-12 11:15 | コンサート | Comments(0)

久し振りのホールでのコンサート。
メンバー全員気合いの入った演奏で200余のお客様も楽しんでいただけたことでしょう。
いつものライブハウスと違ってMCも真面目な話で緊張しました。

一部はクインテットで
・スターアイズ
・ウイスパーノット
・アイリメンバークリフォード  
・ソングフォーマイファーザー
・ビリースバウンズ

二部はゲストに升本しのぶ(vo)を迎えてスタンダー、ボサノバ、ポップスも
・A列車で行こう
・TAKE5
・ワンノートサンバ
・素顔のままで 
・サムワントゥウヲッチオーバーミー
・クローストゥユー
・ハウハイザムーン
・アリスインワンダーランド

信貴勲次(tp)
御子柴秋彦(ts)
石川潤二(dr)
枝信夫(bs)
穂積純典(p)
ゲスト 升本しのぶ(vo)

f0135575_1252259.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2013-09-23 12:53 | コンサート | Comments(0)

●南河内ジャズフェスティバル 富田林すばるホール 小ホール●
9/21(土) 18:30 開演
前売り 2000円 当日 2300円 (1ドリンク付き)
チケットぴあ ローソン他 各プレイガイドでお求めいただけます。
http://eplus.jp/sys/T1U14P002096486P0050001
もしくは直接私までご連絡下さい.

【穂積純典クインテット】 
信貴勲次(tp)
御子柴秋彦(ts)
石川潤二(dr)
枝信夫(bs)
穂積純典(p)
ゲスト 升本しのぶ(vo)

f0135575_10593565.jpg


f0135575_110211.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2013-05-12 11:00 | コンサート | Comments(0)

●異種格闘技●

彼女達はランニング仲間でもあるサックス奏者です。
一緒に走るのではなく
今度は異種格闘技をやります。

私はもちろん2部のみでソロ、デゥエト、トリオで演奏します。
久保惣ホールはピアノもスタインウエイで素晴らしいです。
楽しみな企画です。

●曲目
《第1部》
・インヴェンション/バッハ
・無伴奏チェロ組曲より/バッハ
・ノクターン(作品9-2)/ショパン

・セレナード/シューベルト
・セレナード/ドリゴ
・ワルツ形式による無伴奏カプリス/ボノー

《第2部》
・いつか王子様が
・ジョージアオンマイマインド
・ディサフィナード
・スターダスト
・A列車で行こう

f0135575_15433919.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2012-10-02 15:46 | コンサート | Comments(0)

歯医者とジャズピアニストの雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31