<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仁徳天皇陵

今年の天皇誕生日じゃなかった昭和の日は絶好の行楽日和ですが
堺シティマラソンで10kmです。

f0135575_17445649.jpg
 
大仙公園がスタート、フィニッシュで仁徳天皇陵を周回するコースです。
途中「 高き屋に. のぼりて見れば. 煙り立つ. 民のかまども. にぎはひにけり. 」の碑や昭和天皇の行幸の碑があり「そうやってんな」と納得してしまいました。
沿道の応援にも後押しされでコンディションも良く自己ベスト52分がでました。
イーブンペースで走れてゴール後流す余裕もありました。

f0135575_17493596.jpg


この方は出場した40才以上マスターズの部の二位でタイムは37分と、私には夢のような記録です。
入賞すると色々と賞品ももらえるようですが、私の方が入賞したように喜んでいます。

今回の参加賞はタオルです。
前方後円墳の意匠が「オットー」でいい感じです。


f0135575_1754692.jpg
f0135575_17564693.jpg


これで今期のマラソン大会は終了です。
上の目標に向かって地道な練習を続けまっせ。


あっそれと今年の法善寺祭りのライブの出演が決まりました。
8月10日(日)です。


帰りにこんな光景に出くわしました。
昭和を生き抜いてこられたのでしょうね。
お父さんの左手のは「ワンカップ大関」じゃなくて「ワンカップ月桂冠」でした。
スポーツクラブに寄ってストレッチをして早めのビールがああ美味しかった!
f0135575_19451296.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2008-04-29 18:15 | Comments(3)

二日酔いでも・・・

地道にランニングは続けていますがマラソン大会は久し振りです。
前夜はライブで大いに盛り上がり、演奏後もしこたまバーボンソーダを飲みました。
朝起きると当然のごとく二日酔いです。
実は3月の「有森裕子10マイルレース千里」は二日酔いでサボってしまいました。
これでも自称アスリート、またサボるとなるとへたれのオッサンになり男の沽券にも関わります。
スタートも12時と遅めですし、水をしこたま飲んでシャワーを浴びて出発しました。
桜はかなり散っていますが芦屋南公園では「芦屋ファンラン」の名の通り「3kmファミリー」「5km」「10km」の部を終えた家族連れ等が弁当を広げたりBBQをして長閑な春の光景です。
スタート前の写真では一応笑っていますが典型的な二日酔いです。

f0135575_1861588.jpg


12時ちょうどに号砲は鳴りました。
気温20度、曇り時々晴れと絶好のコンディションです。
今回は5km毎に給水があるのですが、走り始めてすぐ喉が乾きその度に立ち止まってしこたま給水しました。
できれば点滴でずっと給水したい気分です。
芦屋浜を周回するコースで、心地よい浜風に勇気をもらって元気一杯に走り抜ける予定だったのですが、途中何度も「なんでこんなことせなあかんねん」と思っていました。
途中では近隣の皆さんや少年野球の子供達が大きな声で声援してくれます。
ええ格好しいの私としては意地でもリタイヤすることができません。
目標の2時間以内にはとても及びませんが根性で完走しました。
驚くことになんとゴール後は嘘のように二日酔いは治ってしまったのです!


f0135575_18155722.jpg


さすが「ファンラン芦屋」です。マラソン大会には珍しくビールが売られていました。
目ざとくそれを見つけ汗を拭き着替えてすぐその列に並びました。
やはり罰が当たったのでしょうか私の前でビールは売り切れです。
かなり落胆しましたが、変わり身の早い私です。
「ここでぬるい缶ビールなんか飲むより、ちょっと辛抱して冷たいのをいくほうがええな!」
早速阪神電車で梅田までダッシュです。
梅田地下街の「串カツ 鳥の巣」は競馬帰りのオッサンなんかで賑わっています。
駆けつけ一杯ということでジョッキで生を一気です。
いやー こんなにうまいビールは久し振りです。
真冬のマラソン後はホットオレンジや豚汁が絶品でしたが、やはりとどめはビールです。
一息ついて揚げたての串カツでもう一杯とジョッキを重ねました。



f0135575_18273690.jpg
f0135575_18275378.jpg


二日酔い→マラソン→ビール
新たな発見でした。
でも体にはよくないのでしょうかね??
[PR]
by jjunsuke | 2008-04-14 18:41 | 食べ物 | Comments(4)

歯医者とジャズピアニストの雑感
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31