生ミシェル・カミロは初めてです。
ピロティホールは補助席が出るほどの超満員です。

席は前から5番目で、ピアノでの手の動きが良く見えるいい所です。
いや〜 ほんと超絶技巧でした。
ピアノを弾くというより、叩きまくる。
ピアノは打楽器だったのですね。

編成はギターレスですがオーソドックスなもの。
管楽器のアンサンブルは難しいサウンドではなく、ユニゾンで決め一発。
トランペットはルー・ソロフ始め良く鳴っていました。
4番ラッパ、見た目は恰幅のいい男子ですが、胸の辺りが膨らんでいるので女子でした。
ダンスステップも踏んで、いいノリしてました。

中華料理にも北京、上海、広東、四川とありますが
このラテンバンドはミシェル・カミロの出身がドミニカ故に
ラテン音楽でもカリプソ、サルサ風でいきぱなっしです。
こういう音楽は青空の下でモヒート飲みながら聴きたいね。

揚げ物をずっと食べた後の〆が麻婆丼のようなコンサートでした。
ああ 腹一杯!
f0135575_1132765.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2010-10-28 11:34 | Comments(0)

死刑台のエレベーター

ルイ・マル監督の名作「死刑台のエレベーター」がニュウプリントで公開されるそうです。

モノクロの画面にマイルス・デイヴィスの音楽。
ジャンヌ・モローのアンニュイ。
1級品のサスペンス。
ハリウッドじゃないフランス映画の極意です。
あの頃のマイルス、めっちゃカッコええよ!
f0135575_21232475.jpg



東京は10月、名古屋は11月、大阪は12月、公開なそうな。
待ちきれないし、どこか行こかいな。
[PR]
by jjunsuke | 2010-10-20 21:29 | Comments(0)

牡蠣食えば

この牡蠣を食べても鐘はなりません。

いよいよ本格的なRシーズンですね。
生牡蠣には目がありません。
この日は北海道と三陸のをいただきました。
レモンじゃなくてシークワサーを絞って。
これから伊勢や広島のも出て来るし、楽しみです。
もちろん甘すぎず、辛すぎない、軽めの白ワインがお供です。

牡蠣はフライにしてタルタルソースもいいですね。
これは白ご飯が欲しくなります。
それと鍋に入れて、ポン酢でいただくのね。
もちろん日本酒です。

食欲の秋でんな!
f0135575_9501485.jpg

[PR]
by jjunsuke | 2010-10-16 09:51 | Comments(2)

確か4,5年振りの来日公演です。
ロリンズの大阪での公演はいつも厚生年金会館で行われていましたが
今回はNHK大阪ホールです。
初めて訪れましたが、立派なものです。
もっと音楽のコンサートをやればいいのに、勿体ないですな。

この前のコンサートが最後の日本公演だったはずなのに
また来るとは大したもんです。
引退興行をしてすぐ復帰するプロレスラーみたいなものかな(笑)
f0135575_1558893.jpg


それはともかく御年80才のプレイヤー、頑張って吹いておられました。
そりゃ、かつての迫力はありませんが、90分休みなしで突っ走る。
脱帽もんです。

アンコールはちゃんと「セントトーマス」
観客は大喜びでスタンディングオーベンション。
でも、私は立ちませんでした。
もういいかなって感じ。

最後にロリンズ「またお会いしましょう」と日本語で言ってましたが。
実現するんでしょうかね。
[PR]
by jjunsuke | 2010-10-12 15:59 | Comments(0)

いやー 凄いコンサートでした。
最後はスタンディングオーベィション。

プログラム、演出、指揮者、オーケストラ、歌手、講談師
すべてが上手く噛み合って、最上級のひと時でした。
 
休憩なしの一時間半、あっという間。
アンコールのラデッキー行進曲では「六甲おろし」もフィーチャー
もちろん会場も大合唱
佐渡さんならではのサービスです。

でも名古屋でこれやったら、どつかれるやろうな!
f0135575_10133336.jpg


佐渡さん ベルリンフィルを振る事になりましたね。
それと来年はあのピアニスト辻井伸行くんとの共演もあります。
ますますのご活躍。
楽しみです!
[PR]
by jjunsuke | 2010-10-06 10:15 | Comments(2)

16年間にわたって春と秋、年2回行われてきたコンサートも今回で終わりです。
計32回のうち10回は聴いたでしょうか。
アキラさんの秀逸な編曲と楽しいおしゃべり、そして大フィルの巧みな演奏で、いつも充実感に溢れるコンサートでした。
ジャンルに関係なく素材を一級品に仕上げるアキラさんの腕は、正に名人そのものです。

最終回のテーマは【また逢う日へ約束】です。
・70年代フォークの名作「なごり雪」
・ビートルズ「ヘイジュード」「イエローサブマリン」」
・ベートーベン「ピアノソナタ悲愴」「エリーゼのために」「5番運命とマンボNo,5」
・團伊玖磨「ぞうさん」 組曲「少年の時計」
・「ディズニー・シンフォエッタ・パレード」
アキラさんの編曲の妙が十二分に味わえ、堪能しました。

そしてアンコールは
マイフェアレディから「運がよきぇりゃ」「悲しい色やねん」

きっとまたいつの日にかアキラマジックに再会できるでしょう。
f0135575_4543542.jpg



閉演後は福島のイタリアンへ
「渡り蟹のパスタ」とメインの「魴鮄とムール貝、海老」が絶品でした。
[PR]
by jjunsuke | 2010-10-04 04:57 | Comments(2)

歯医者とジャズピアニストの雑感
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31